お知らせ

news

2020.01.31

タコのカルパッチョ

今回ご紹介するのは「タコのカルパッチョ」です。

すし酢があると簡単にカルパッチョドレッシングができます。

お試しくださいね。

 

タコのカルパッチョ

<材料2人分>
茹でタコ・・・100g
玉ねぎ ・・・100g
プチトマト ・・・5個
レモンスライス ・・・2枚
すし酢 ・・・大さじ2
オリーブオイル ・・・大さじ1
パセリ(飾り用) ・・・適量

 

<作り方>

(1)茹でタコは面を広めにスライスし、玉ねぎは薄めにスライスする。
(2)チトマトは半分に切り、レモンスライスはイチョウ切りにする。
(3)すし酢とオリーブオイルを混ぜカルパッチョドレッシングを作る。
(4)お皿に玉ねぎスライスをまんべんなく広げ、その上にタコをのせる。
(5)プチトマトとレモンをバランスよくのせてカルパッチョドレッシングをかける。
(6)乾燥パセリをふりかけたらできあがりです。

 

ご興味・ご感心を持たれましたら、
グローフーズ株式会社までお問い合わせください。
電話:0725-23-9622

 

news

2020.01.31

鍋料理の歴史

鍋料理が現在のようなスタイルになったのは江戸時代の後期から明治時代にかけてだそうです。
小鍋を七輪や火鉢にかけて煮込みながら味わう「小鍋仕立て」が誕生し、鍋と七輪や火鉢さえあれば簡単にできる鍋料理は大人気となりました。

さらに江戸時代には醤油や味噌やみりんなどの調味料が発達したことにより、味にも様々なバリエーションができ
「ねぎま鍋」や「どじょう鍋」、現在の「湯豆腐」に似た「煮やっこ」などが生まれました。

明治維新後に欧米の文化が入ってくると肉食が広まり、東京に「牛鍋」を出す店があらわれブームになります。

現在日本で食べられている鍋は100種類を越えます。
売れ筋の鍋は「すき焼き」「キムチ鍋」「しゃぶしゃぶ」「もつ鍋」「寄せ鍋」「おでん」などです。
最近では「フォトジェニック鍋」などのインスタ映えする鍋もはやりです。

今夜もお鍋はいかがでしょうか。

ご興味・ご感心を持たれましたら、
グローフーズ株式会社までお問い合わせください。
電話:0725-23-9622

news

2019.12.28

おせち料理の縁起

「おせち料理」は一つ一つに意味合いがあり、五穀豊穣、子孫繁栄、無病息災、家内安全の思いが込められています。
今回は少しだけおせち料理の縁起をご紹介させていただきますね!

田作り・・・いわしが畑の肥料だったことから五穀豊穣の願いがこめられています。
数の子・・・子孫繁栄の祈願と、にしんの子なので「二親健在」にも通じます。
黒豆・・・まめに(勤勉に)働き、丈夫に過ごせますようにという願いを込めて。
きんとん・・・黄金色で縁起がよく蓄財につながりますようにと祈願
えび・・・腰が曲がるまで長生きできますようにという願いが込められています。
紅白かまぼこ・・・半円形は日の出の形で歳神様を表します。紅白でおめでたい。

おせち料理の中に日本の伝統が生きています。
全ての料理に感謝と祈りが込められているのです。

ご興味・ご感心を持たれましたら、
グローフーズ株式会社までお問い合わせください。
電話:0725-23-9622

PAGE TOP