お知らせ

news

2018.09.30

さんま

秋の魚といえば「さんま」

けれど「魚へんに秋」と書く漢字「鰍」は「さんま」ではなく「かじか」と読みます。

「秋の刀の魚」と書いて「秋刀魚」というようになったのは大正時代からだと言われています。

「さんま」が不漁だった昨年から一転し、今年は漁獲量が増え価格は安定しています。

 

今年は「さんま」が食卓にのぼることが多くなりそうです。

「さんま」と言えば思い出すのは、母が口ずさんでいた佐藤春夫の「秋刀魚のうた」

 

あはれ秋風よ情(こころ)あらば伝えてよ

—-男ありて

今日の夕餉(ゆうげ)に ひとり

さんまを食らいて

思いにふける—-

から始まるこの詩

 

この詩の背景を知ったのは随分後になってからで複雑な大人の事情があってできた詩のようです。

「さんま、さんま、さんま苦いか塩っぱいか」というフレーズが身に染みる秋です。

 

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

news

2018.09.30

スリランカの家庭料理「カトゥリス」

カトゥリス

色々な国の家庭料理に興味があって時間がある時にチャレンジしています。

スリランカの家庭料理の「カトゥリス」を作ってみました。

コロッケに似ているので、日本食卓にも合いますよ。

ぜひ作ってみてください!

 

カトゥリス
〈材料 2~3人分〉
(具)
ジャガイモ・・・中1個
玉ねぎ・・・1/2個
シーチキン・・・1缶(小)
サラダ油・・・大さじ1
ターメリック・・・小さじ1/4
塩・・・小さじ1
こしょう・・・小さじ 1/4
チリパウダー・・・小さじ1/2
カレーリーフ・・・あれば5枚
ハラペーニョパウダー・・・あればお好みで
レモン汁・・・大さじ1

(衣)
強力粉・・・50g
水・・・60cc
溶き卵・・・1/2個分
塩・・・小さじ 1/4
揚げ油・・・適量
パン粉・・・適量

〈作り方〉
1.ジャガイモは柔らかくなるまで茹でて、つぶしておく。
玉ねぎはみじん切りにする。シーチキンは油をきっておく。
2.フライパンでサラダ油を熱し、玉ねぎを炒める。
3.玉ねぎに透明感が出てきたら、シーチキン、塩、こしょう 、ターメリック、

チリパウダーを加え、(あればカレーリーフ、ハラペーニョパウダーも加え)弱火で炒める。
4. 3.にジャガイモを混ぜ、レモン汁を加え、混ぜ合わせる。
5.衣の材料をすべてボールに入れ混ぜる。
6.具をゴルフボールより少し小さめに丸め、衣をまんべんなくつける。
7.パン粉をまぶし、170℃の油でキツネ色になるまで揚げる。

 

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

news

2018.08.31

スパイスカレー

最近「スパイスカレー」に夢中です。

雑誌でも「スパイスカレー」の特集が組まれていてお店めぐりをしてお気に入りを探しています。

特に面白いと思うのは「大阪スパイスカレー」

独自の進化を遂げて個性的な世界を展開しています。

自分でもスパイスを調合してカレーを作るようになりました。

まず油でホールスパイスを炒めて香りを出します。これをテンパリングと言います。

そして玉ねぎや香味野菜やトマトなどを入れて炒め味のベースを作ります。

パウダースパイスと塩を加えカレーのベースができます。

そこに肉や野菜を入れて煮込みます。

食べる直前にフレッシュハーブをのせて出来あがりです。

スパイスを色々とかえて、これからも試作をしてみたいと思います。

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

PAGE TOP