お知らせ

news

2018.11.30

煮物がおいしい季節

朝晩が冷え込む季節になると食べたくなるのが「煮物」です。
肉じゃが・おでん・筑前煮などの煮物は冬野菜をおいしく食べることができる家庭料理です。

夏野菜は体を冷やすものが多いのに対し、冬野菜を代表する大根・ごぼう・人参・かぶら・里芋などは体を温めてくれます。根菜類は固いものが多いので「煮る」という調理方法が適しています。

「煮物」とは煮汁の中で材料を煮て、塩・酒・醤油・味噌・砂糖・みりん等で味付けした料理を言います。「煮物」は煮る方法によって呼び名が変わります。ご紹介しますね!

「煮込み」煮汁を充分に入れ、長時間弱火で煮る。
「煮つけ」魚などを少量の煮汁で甘辛く煮る。
「煮しめ」濃い煮汁で汁がなくなるまで煮て日持ちを良くする。おせち料理などに用いる。
「含め煮」薄めの煮汁で煮て素材の色や味をいかす。
「煮びたし」青菜などを薄味の煮汁でサッと煮て、そのまま煮汁の中で冷ます。

体を温める冬野菜で作った温かい煮物は日本の冬の食卓に欠かせないお袋の味だと思います。

 

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

news

2018.10.31

オイルサーディンのマリネ

ワインのおつまみに簡単でちょっとおしゃれなおつまみを作りたい時におすすめのレシピです。

オイルサーディンは、塩水に漬けたイワシをオイルで煮込んで缶詰にしたものです。
カルシウムや鉄分などが豊富で、それらの吸収を助ける働きをするビタミンDも含まれていますよ。

 

オイルサーディンのマリネオイルサーディンのマリネ
<材料2人分>

オイルサーディン(缶詰)・・・1缶

紫玉ねぎ・・・1/2個

レモン汁・・・大さじ1

砂糖・・・小さじ1/2

薄口醤油・・・小さじ1

EXオリーブオイル・・・大さじ1

<作り方>

(1)紫玉ねぎは薄くスライスして、沸騰したお湯で30秒茹で、流水で冷まし、ザルで水をきる。

(2)レモン汁・砂糖・薄口醤油・EXオリーブオイルを混ぜる。

(3)容器に軽く液をきったオイルサーディンと玉ねぎを混ぜ、(2)をかけて冷蔵庫で1時間以上冷やす。

(4)器に盛りつけ、お好みでパセリやレモンスライスを乗せたら出来あがりです。

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

news

2018.10.31

吉野の鶏めし

吉野の鶏めし

大分県吉野地方の郷土料理です。
ごぼうの美味しくなるこれからの季節にぴったりの料理です。

〈材料3人分〉
米・・・・・・・・・・・・・・・・2合
鶏もも肉・・・・・・・・・・1枚(250g位)
ごぼう・・・・・・・・・・・・150g
濃口醤油・・・・・・・・・・大さじ3
砂糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
酒・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
砂糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
にんにく・・・・・・・・・・・・2片

〈作り方〉
1. 米を炊く。
2. 鶏もも肉は小さ目の角切りにする。ごぼうはささがきにする。
3. フライパンを熱し、鶏もも肉を入れ炒め、色が変ったら濃口醤油、砂糖、酒、にんにくを加え、水分が半分になるまで炒め、ごぼうを加え更に水分が最初の量の3分の1位になるまで炒める。
4. 炊きあがったごはんに③を、まんべんなく混ぜたら出来上がりです。

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

PAGE TOP