お知らせ

news

2018.03.28

小説に出てくる料理

「鮭缶とマッシュルームとワカメのピラフ」

村上春樹の小説の中には料理の描写が多くて読んでいるとおなかが空いたり、お酒が飲みたくなったりします。

そして面白い組み合わせの料理を見つけると作ってみたくなります。

【羊をめぐる冒険】の中の一文
僕は夕方にパンとサラダとハム・エッグを食べ、食後に桃の缶詰を食べた。
翌朝僕は米を炊き、鮭の缶詰とわかめとマッシュルームを使ってピラフを作った。
昼には冷凍してあったチーズ・ケーキを食べ、濃いミルク・ティーを飲んだ。
三時にはヘイゼルナッツ・アイスクリームにコアントロをかけて食べた。
夕方には骨つきの鶏肉をオーブンで焼き、キャンベルのスープを飲んだ。

ありそうでなかった組み合わせ「鮭缶とわかめとマッシュルームのピラフ」を作ってみたら美味しかったです。

今回村上春樹の本を読み返してみて、心にとまった言葉。
「あらゆるものから何かを学び取ろうとする姿勢を持ち続ける限り、年老いることはそれほどの苦痛ではない。」

色々なものから料理のヒントを学びとっていきたいなと思いました。

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

 

 

news

2018.02.23

燻製

燻す(いぶす)という調理方法に興味があってテストしてみました。

中華鍋と桜のチップを使い、一番簡単な方法で「燻製」しましたが、これが中々美味しく仕上がりました。

おつまみの定番を燻製してみました。燻製枝豆はよりお酒のすすむ味に仕上がりました。

食材に香りを付加し、保存性を高める「燻す」という調理方法「燻製」

おもしろいですね。もっと色々な食材で試してみたいと思いました。

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

news

2018.02.23

カラフルランチボックス

お弁当を開けた瞬間「わぁ!かわいい」と言ってもらえてとても嬉しかったです。

チキンライスもお赤飯もポテトサラダもコロコロと丸くしてみました。

お弁当の定番、唐揚げも卵焼きもいれてます。

チキンライスは炒めずに炊飯器で炊きました。

炊飯器だと一度に簡単にできるので便利です。

 

炊飯器で作るチキンライス
<材料>
米・・・2 合
鶏もも肉・・・1/2枚
玉ねぎ・・・1/2 個
しいたけ・・・2 個
人参・・・1/4 本
[ 調味料]
ケチャップ・・・大さじ5
中濃ソース・・・大さじ1
バター・・・10g
塩・・・小さじ1
水・・・300cc
赤ワイン・・・大さじ1
〈作り方〉
1. 鶏肉を細かく切る。
2. 玉ねぎ、しいたけ、人参を粗みじん切りにする。
3. すべての材料を炊飯器に入れて混ぜ、炊飯する。

 

カラフルなものを見ると明るい気分になります。

楽しいと食欲が湧いたり、会話が弾んだりして、より美味しく感じたりします。

色彩を商品提案にも取り入れていきたいと日々試行錯誤しています。

ご興味・ご感心を持たれましたら、

グローフーズ株式会社までお問い合わせください。

電話:0725-23-9622

 

PAGE TOP